炭酸温泉 炭酸泉

湯布院(由布院)から長湯温泉へ

 

九州大分県 長湯温泉の大丸旅館前あたりです。長湯温泉は、湯布院(由布院)から車で1時間半程度で行くことができるので、ちょうどよいドライブコースになると思います。湯布院(由布院)にいって、ちょっと遠出したいなと思ったら、長湯温泉に日帰りしてみてはいかがでしょうか?
長湯温泉は、通称、ラムネ湯といわれ、温泉に入っていると、体に泡がたくさんつきます。
私が訪れたのは、2004年ころで、ちょうど復活した長湯温泉の共同浴場ができたところでした。

 

 

ちょっとお湯は、ぬるいので、びっくりしないで!
入っているとじわーーと汗が出てくるんです。
1時間程度はいらないと・・今はこの建物はないようです

 

宿泊するところもあり、大丸温泉が川音に面して一番よさそうでしたよ。
喫茶があり立ち寄りました。

 

有名な「かに湯」は、かわのそばにポツンとあるかんじ。
こっから?というような所から降りていきました。

 

 

そしてここです。

 

 

 



かに湯のそばには、花王のバブがここで研究されたという旨の看板もありましたよ。
とてものどかなところです。

 

 

古の雰囲気漂う旅館もありますので、長湯温泉に宿泊もいいですね!

 

長湯温泉の宿 一覧(10軒あります)

 

 

オススメのコストパフォーマンスのいい宿は、源泉から少し離れているので安いこちら(\13000から/1人)

 

ゆきみ荘

 


 

ラムネ湯 長湯温泉のプロフィール

長湯温泉は、大分県久住山系の東のふもとにある直入町にあります。古くは、岡藩主中川久清公などに愛され、藩主・藩士の湯治に認めれていた古い温泉地だそうです。ドイツの代表的な温泉療養地であるバードクロチンゲンと姉妹都市を結んでいます。
新たに開発、整備が進んで、飲泉所・建物などのデザイン・ドイツワインなど町のいたる所でドイツ文化を感じることができます。

 

長湯温泉の効能

長湯温泉の効能は、血行を促進するため、神経痛や心臓病に効き、また、飲めば胃腸の働きを活発にするので、胃腸病や便秘に効果があると言われています。
ほとんどの施設が独自で源泉を持っているため、それぞれ含有する物質が異なり湯質・色などが違います。
のんびりと自然の中を散歩しながら、湯めぐりして自分に合う温泉を探してみるのもいいですね。

 

湯布院(由布院)から長湯温泉アクセス

長湯温泉 周辺  所在地・大分県竹田市直入町大字長湯

大きな地図で見る

湯布院(由布院)から車で約1時間 ナビがあるほうが良いです。

大きな地図で見る